心のオアシスを探して

今、心が苦しい。生きるのがつらい。そんな感情を抱えている人に。苦しみから解放されるために、いろいろな方法を模索している、おあしすの体験ブログ。

2019-12-08-Sun-11:28

死にたいと思うとき、涙は出なくなる

こんにちは、おあしすです。

今回は、自己愛から離れた、かなり暗い話ですので、
苦手な方は読まないようにしてください。









ここ1ヶ月、自分の心と向き合って、
自分の心に寄り添って、
自分の心を感じて、癒して、認めて、
何とか毎日を過ごしてきました。

でも、一度折れかけた心は、簡単には戻らないのですね。
もともと余裕のない心に、さらに負担がかかると、
すぐにまた折れそうになってしまうのです。


このブログを読んで下さっている方の中には、
今も私と同じか、あるいは私よりもたくさん苦しんでいて、
この気持ちに共感してくれるかもしれません。



私は、本当に折れそうになりました。

死にたい、と

本気で思ったのです。



そう思ってから、今まで毎日のように流していた涙が、

ピタリと止まりました。



人は、本当に絶望した時、涙が出なくなるのですね。
笑顔になれなくなって、
テレビもつけられなくなって、
人に会いたくなくなって、
人と話せなくなって、
夜も眠れなくなって、
昼間も暗く感じるようになって…。


スマホで、楽に死ねる方法を探しました。
そして、

楽に死ねる方法なんて無い

ということが分かりました。


そうですよね。
私達は、どんな人だって生きるために生まれてきたのに。
それを簡単に断つ方法なんて、あるわけないですよね。


ですので、準備が一番簡単な、首つりにしよう、と決めました。
そして、首をつるのに最適な場所を探しまわりました。
そして、同時に紐の種類や、紐の結び方も調べましたが、
家には長い紐がなく、紐を買いにいかなければならないことに気がつきます。

明日、紐を買いに行こう。
そう思って布団に入り、眠れない夜を過ごしながら、
首をつる自分をひたすら妄想し続けました。





翌日。

私には、死ぬ勇気がないのだ

と思い知らされました。



首をつる妄想をしたら、怖さで手が震えました。
苦しみでもがく自分を受け入れられない、と思ったのです。


「簡単に死を選ぶなんて…」と言う人が居ますが、
死を選んだ人は、きっと簡単になんか選んでいないと思います。
身をもって感じました。

死を選ぶことは、生き続けることよりも深い決断力が必要だと。



そう思ったら、急に涙があふれてきました。

死にたいと思っていた時には、全く出てこなかった涙が。



泣くことは、生きようとする意志を示すことなのかもしれません。



明日を迎えたら、また絶望するかもしれない。
また死にたいと思うかもしれない。
でも、死ぬ勇気がない私は、明日も生きていくしかない。
折れそうな心の隣に寄り添いながら、何とか毎日の心の傷に向き合って。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私とみなさんの心が、愛とやすらぎで満たされますように。



ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 



スポンサーサイト



2019-10-13-Sun-23:12

「ホ・オポノポノ」 心を楽にする方法の模索①



こんにちは、おあしすです。


今日は、

セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ

について、ご紹介します。

私が、現在進行形で実践中のものです。 

人それぞれ、合う方法、合わない方法があると思いますので、
合いそうだと思われたら、ぜひ調べてみてくださいね。 



セルフアイデンティティ スルーホ・オポノポノは、私が心を楽にする方法を模索する中で出会った、数ある考え方の中の一つです。 

私がホ・オポノポノを取り入れようと思ったきっかけは、 

ほかの方法よりも簡単だった

ということです。 



心の苦しみを抱えて、小さい頃から抑圧し続けて生きてきた私にとって、

「ポジティブに考える」 とか 
「考え方を変えてみる」 とか 
「声に出して願いを唱える」 とか 
「行動してみる」 とか 

そういう、自己啓発本に良くあるやり方は合いませんでした。


ポジティブに考えたり、
考え方を変えたり出来るなら苦労しないし、 
声に出せなくて、行動も出来ないから苦しんでるんだよ…!

という気持ちでした。 




ホ・オポノポノは、ただ

4つの言葉を心の中で唱えるだけで良い、

というシンプルなもの。 

心の中で唱えるだけ! 

このシンプルさが、私にはぴったりだったのです。 


ちなみに、その4つの言葉は、

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

しかも、誰に対してとか、何に対してとか、一切考えず、ただ唱えるだけで良いのです。 



ただ、目の前で起こったことすべてに対して、淡々と唱えるだけで良い。 

嫌なことがあったら唱える。
悲しいことがあったら唱える。
腹が立つことがあったら唱える。
楽しいことがあったら唱える。
嬉しいことがあったら唱える。
感動することがあったら唱える。

こんなにシンプルな方法、ほかにないと思いました。 



これを始めて5か月ほどになりますが、始めた当初は、

「愛しています」を唱えるのに、ものすごく抵抗がありました。

どうしてなのかは、今なら何となく分かります。 

私は、愛される価値のない人間だと、心の奥底で思っていたからです。
 

今もまだ、愛される価値のない人間だという思いを持っています。
 

でも、ホ・オポノポノを始めて、

そう思っている自分に気付けました。 

それだけでも、私にとっては、ものすごく成長したような気がしています。 



今日ご紹介したシンプルな方法は、ホ・オポノポノの中のほんの一部にすぎません。

私が今実践しているほかの方法も、次回ご紹介したいと思います。 



最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

私とみなさんの心が、愛とやすらぎで満たされますように。


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。


2019-10-12-Sat-15:55

ライングループから外されて苦しいとき

こんにちは、おあしすです。


グループから孤立するって、とってもつらくて苦しいことですよね。

かく言う私も、あるグループから孤立しています。

ライングループでご飯に行こうと誘われましたが、私だけ日程が合わず、
「私ぬきで行ってもらっていいですよ」と連絡しました。
そして、私以外の人たちで、ご飯に行くことは決まったのですが、
その後、そのライングループに動きはありません。

どこに行くとか、何時に行くとか、そういうやり取りは、そのライングループではせずに、
私以外の人たちはご飯に行ってきたようです。
今まで、私以外の人が欠席の時は、そのライングループでやり取りしていたのに。


こういうとき、いろいろな妄想が頭の中をめぐりますよね。

私以外の人で、新しいライングループを作ったんだな…  とか

あの人は前から私のことを嫌っていたからだな…  とか

みんなで私の悪口を言っているんだろうな… とか

どうして、こんなことになったんだろう、何が悪かったんだろう…  とか。


今、これを書いていて、とっても苦しくて涙があふれます。

お腹のあたりが、シクシク痛みます。



でも、この妄想って、文字のとおり、私の妄想なんです。

私以外のライングループが作られて、私の悪口を言われているかどうかは、
確認のしようがないし、本当かどうか分からないことなんです。



この一件があった後、そのグループの人に会いました。
なんだか、あいさつがぎこちない気がしたし、ある人には無視されたように感じました。

でも、そう感じたのは、私がネガティブな妄想をしているから、そう思うだけかもしれないのです。

私の方が、ぎこちないあいさつをしたから、相手も変になっただけかもしれないのです。

無視されたのではなくて、聞こえなかったのかもしれないのです。



私たちは、主観で生きています。

だから、どうしても自分の感情が入り込んで、公平な目線が保てないんですね。


私は、最近のつらい気持ちを処理するために、そのような考え方をしようと心がけはじめました。

でも、今、すごくつらいです。本当につらいです。

だって、自分の感情で苦しんでいるのに、自分の感情を抜きにして、
公平な目線でものを見ようとするなんて、とってもとっても難しいことです。

たくさんの本を読みました。ブログも拝見しました。
心理カウンセラーさんなど、専門的なブログも読みました。

読むもののほとんどに、

「起こったことは変えられない。
  人のことも変えられない。
   変えられるのは自分だけ」

そういうメッセージが込められていました。

だから、どんなに苦しくても、自分が変わる、それしかないんだ…と思いました。


もしかしたら、ブログを読んでくださっている方の中には、
これくらいのことでは落ち込んだり苦しんだりしない方もいらっしゃるかもしれません。

逆に、もっと些細なことでも、苦しんでしまう人もいらっしゃるかもしれません。

苦しみの内容は、人それぞれです。

だから、「これくらいで苦しんでいるなんて…」とか思わなくていいはずです。



このブログを読んで共感してくれる方が、一人いらっしゃったら、
私がこのブログを書いた意味があったと思えます。

苦しいときは、どんなにもがいても苦しいですよね。

だから、一人で苦しまずに、一緒に苦しみましょう。

自分の苦しい感情、悲しい感情を、目いっぱい感じてあげないと、
その感情が抑圧されて、どんどん苦しくなるそうです。

苦しい、悲しい、つらい、そんな自分の気持ちにフタをせずに、思うままに感じてみましょう。

私も今、そうしています。

つらいです、苦しいです、悲しいです、腹が立ちます、逃げ出したいです。

そんな弱い自分を、愛してあげたい。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

私とみなさんの心が、愛と安らぎであふれますように。



ランキングに参加しました。応援して頂けると嬉しいです。


HOME